早期治療をするためには、早めに見つけることが大事

sohappy!

体の不調

身体の不調もうつ病のサイン

うつ病の症状として、まずは「強い憂鬱感」というのが挙げられます。 気持ちが落ち込んでふさぎ込む、ということは、どんな人にもあることです。 しかし大抵は、原因となる出来事があり、その出来事がなくなるなど 解決する方法がわかると、憂鬱感もなくなり気が晴れる、ということが多いです。 うつ病の場合は長期間憂鬱な気持ちが続き、意欲も低下します。 何をするにも億劫に感じることや、仕事や家事にも支障をきたします。 それに加えて体調が悪くなることもあります。 睡眠障害や、食欲不振、身体の痛みなど様々な症状となってあらわれます。 もちろんこれらすべてがうつ病の症状だ、ということではありませんが、 自分でチェックする際に身体の不調がサインとなることもある、ということを 知っておくと良いでしょう。

他の人にもチェックをしてもらいましょう

うつ病かどうかを判断する基準には、アメリカ精神医学会が出している DSM-5やWHOが出しているICD-10などがあります。 現在では、インターネットや書籍などでも簡単なセルフチェックができます。 ポジティブな感情を抱くことができるかどうか。 色々な出来事に興味が湧くかどうか。 普段通りの生活ができているかどうか。 思考の進み方が鈍くなっていないかどうか。 必要以上に悲観的になっていないかどうか。 身体症状として、倦怠感、疲労感がひどくないか、など様々なチェック項目があります。 うつ病の場合、感覚が麻痺していることがありますので、自分だけでチェックするのではなく、 他の人にもチェックしてもらい、自分がどう見えているのかを確かめることも良い方法です。

病院にいかなくてもセルフ診断は可能です

社会で生きていれば調子のよくないときは誰にでもあります。ただ、調子が良くない状態がちょっといつもよりも長く続いているな、しんどいなと感じるときは要注意です。うつ病かもしれません。 とはいえ、いちいち病院に行く時間もないですし、心療内科は少し敷居が高いと感じる人もいるでしょう。そんなときに便利なのが、うつ病のセルフチェックです。無料でできますので、まずは試してみるとよいでしょう。 インターネットで、うつ病、チェックで検索すればたくさん出てきます。どういうチェックリストであればきちんと検査になるでしょうか。精神科医は国際基準に準拠したものを使うとよいでしょう。これでチェックすれば、プロが確認するレベルと同じうつ病検査が可能になります。

どういう項目でチェックするのか

重度のうつ病かどうかのチェックは、継続性がキーワードです。2週間連続で憂鬱とした気分であったかどうかが一つの基準です。 ただ気分だけではあまり客観的な評価とならないですよね。具体的な身体的な変化で調べる場合は、睡眠に注目します。寝つけない、寝すぎてしまうというのはうつ病の可能性があります。寝すぎは単に体が疲れているのかなと勘違いしがちですが、うつ病の症状の一つです。眠れないというのも逆パターンとして発生しやすいものです。これは夜寝れない代わりに日中に眠くなります。仕事のパフォーマンスも下がるので気づきやすいかもしれません。 このような形で設問が10個程度ある、国際基準に則ったうつ病チェックリストを使ってセルフ診断をしてみましょう。

Menu