早期治療をするためには、早めに見つけることが大事

sohappy!

そのままにしない

うつ病かもしれないと感じたら一度セルフチェックを

以前に比べて随分と認知度の上がったうつ病。 しかし、「もしかして自分も・・・」そう思っても医療機関にかかりづらいと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 うつ病は治る病気ですが、放っておくと重度化することもあります。 近年ネット上では簡易ストレスチェックなどでうつ病の可能性を図るものなど、医療機関と連携して行っているサイトも存在します。 自分では判断しにくい、また不安に思っても医療機関にかかりづらいのであれば、そういったチェックシートの結果を印刷するなどして医療機関にもっていくのもおすすめです。 うつを改善するには専門医やカウンセラーにかかるのが一番の近道です。 その一つのきっかけとして、チェックシートなどを活用してみてはいかがでしょうか。

医療機関にかかることは重要

うつ病のチェックは、以前はストレスチェックのような形で学校や職場などで行われてきました。 近年では前述のとおり、うつ病への関心や、潜在患者を見つける必要性が大きくなってきていることから、どこでも利用できるセルフチェックシートなどがネット上にも充実しています。 連携している医療機関の情報などが掲載されていることもあり、チェックをしたはいいが持って行っても軽くあしらわれたら・・・などという心配も軽減されています。 また、厚生労働省も以前からうつ病の対策に乗り出しています。 日常生活や職業生活に不安を抱えている人をいち早く見つけるための医療機関における連携システムの構築や、実際に相談できる窓口を設置するなど、うつ病患者をいち早く見つけるための対策が講じられています。 不安やストレスを感じている方は決して我慢をせず、まずはそう言ったチェックシートや窓口相談などを出来る範囲で利用していきましょう。

Menu